Felicity

Felicityがハワイにこだわる理由

カップルの気持ちを実現する

きっかけはワイキキで感じたこと

ハワイのオリジナルウエディングをお手伝いさせて頂いているとお話すると

「昔からハワイが好きだったのですか?」

とよく聞かれますが、実はハワイ挙式をお手伝いさせて頂くまでハワイにもリゾート挙式にもあまり興味がありませんでした。
当時、日本の大手ゲストハウスでウエディングプロデューサーとして
結婚式のお手伝いをさせて頂いており、一生に一度の結婚式だからこそ、「できるだけ沢山のゲストを呼んで盛大に結婚式をすることが1番」という考え方で、海外は好きだけれど、結婚式を海外でしたいと感じたことはありませんでした。
ただ、海外挙式に参列した友人がとてもよかったと話しているのを聞いて、実際に参列したこともなく否定的に考えるのは良くないと考え、リゾート挙式の中で1番人気のあるハワイで挙式のお手伝いをさせていただくことになりました。
そして、実際に体験したハワイウェディングは「挙式やレセプションよりもフォトツアーがハワイウェディングの最大の魅力」というような印象でした。
多くの新郎新婦様がすれ違うワイキキで「挙式を大切にしたい、ゲストとの時間を大切にしたい」と考えているカップルもいるはずなのに、
もっとその気持ちを大切にしてお手伝いしたいと考えるようになりました。

きっかけはワイキキで感じたこと
解放感あるハワイだからこそ溢れる笑顔

解放感あるハワイだからこそ溢れる笑顔

ただ、新郎新婦様のご家族やゲストの表情は日本の披露宴と比べて随分と柔らかく新郎新婦様の幸せを心から祝福され、楽しんでいらっしゃる様子が素敵とも感じました。
日本の結婚式では大勢のゲストに気を配られていて、
心から笑っていらっしゃるご両親様にお会いすることはなかなかないのですがハワイでお会いするご両親様は心から楽しんでいらっしゃって、ゲストの表情もいきいきしています。そんな中、ハワイに住む友人の結婚式に参加させて頂く機会がありました。
「型にとらわれないハワイスタイルのビーチウエディング。」アメリカには結婚式にウエディングパッケージというものが存在せず、そこにあるものやスケジュールは全て新郎新婦がこだわって選んできたものばかりです。
新婦は日本人だったのですが「日本から来てくれるゲストにハワイのビーチの素敵さを体験してほしい」というのが、ビーチを挙式場所を選んだ理由でした。新郎新婦の「ゲストに楽しんでもらいたい」「最高のおもてなしをしたい」という感謝の気持ちが沢山詰め込まれていました。
そしてその後、日本でのウエディングプロデューサー時代の友人がハワイで挙式をすることになり、新郎新婦が何にこだわりたいのかゲストがどう感じるのかということを一番のこだわりポイントにして、準備を進めていきました。

型にとらわれない自由なオリジナル結婚式

大好きな友人にお薦めするのは、私がみて「良いと感じ」、私もしたいと思ったものだけ。
そして結婚式当日ゲストの表情や新郎新婦のご両親の笑顔をみたときに感じていたものが確信に変わりました。
「一番大事なものは目では見えないけれど、2人がゲストのことを考えて準備をしっかり行うこと」だと、ハワイに来ることで満足をしてしまっている多くの日本人ウエディング。
実際に見て確かめることが出来ないから、価格だけで判断をしてしまう…
全部同じプランだからお手伝いする側も慣れてしまっており残念ながら新郎新婦様のゲストへの気持ちが見えてきません。
ゲストがお二人にとってどんな方たちなのかということを知らずにお手伝いしているというのがハワイ挙式の現状です。
日本の挙式とハワイの挙式を経験させて頂いたのだから、両方の良いところを取り入れて良いものを良いとお客様に本音でアドバイスができるように、結婚をして何年かが過ぎたときに「あの時は楽しかったね、またハワイに行きたいね」と思い出して頂けるような、そしてお客様の希望をどうすれば実現ができるのかを常に考えられるオリジナルのハワイ挙式をプロデュース会社でありたいと考えております。

型にとらわれない自由なオリジナル結婚式

このページの先頭に戻る
sp
体験談
日本との比較
こだわる理由
規約
お問い合わせ
サイトマップ
ハワイウエディングのことなら【Felicity-フェリシティ-】 Copyright c LeaWedding All Rights Reserved.